野球はもっと子供を取り込まないと廃ります

野球はもっと子供を取り込まないと廃ります

最近は日本の野球は以前に比べると比較できないほど人気が落ちていますが、これはサッカーにかなり人気を食われたことが関係していると思われます。
まだ団塊の世代が生きているのでこれを見る人がいますが、団塊の世代がもっと高齢化して亡くなって行くにつれて人気がさらになくなる可能性があるわけです。
このスポーツに従事している人たちは、今のことばかり考えずに十年後二十年後のことを考えがえて子供の野球人口を増やさないといけないと思われます。
そうしないとこれを見続ける世代がいなくなってしまってプロスポーツとして存続できない事態になる可能性があるわけです。
若い人がなぜサッカーに走り、このスポーツをしなくなったのかを真剣に考えないとこのスポーツに未来はないように思えてなりません。
子供にもっとこのスポーツを浸透させるにはネットや漫画などを使って子供の心に食い込むようにしないと駄目です。
子供の間で人気を取り戻せば、何年も先になりますが、人気が戻る可能性が出てくるわけです。